平内町・Mさん宅

極寒でも暖かく。
家族を包む住まいには、遊び心も満載

 陸奥湾に面した平内町に建つMさんご一家の新居は、すっきりとした外観が印象的。ご夫妻と双子のお子さんの4人家族が笑顔いっぱいに暮らしています。設計・施工に当たったのは町内の松野工務店。世代に合ったテイストを提案しつつ、冬の快適性や使い勝手の良い設え、そしてランニングコストなどにも配慮した住まいづくりを目指しています。
 奥さんお気に入りのステンドグラスの玄関ドアを開ければ、広々としたリビングが迎えてくれます。壁や天井の白とフローリングの明るい木目感を基調に、天井の一部に白木の飾り梁をリズミカルに配するなどカリフォルニアスタイルを意識したデザインが遊び心を感じさせます。キッチンはシンプルながら、広いカウンターや収納、さらにメモもマグネットもOKのクロスなど、随所に工夫が施されています。そしてリビング収納の中には、快適性とエコを両立した家族にやさしい床下冷暖房システム「エアボレー」が。電気代も抑えることができ、何より夏でも冬でも素足で過ごせるという快適さを保ちます。
 2階には主寝室と子ども部屋を配置。子ども部屋は壁紙やドアの色が異なり、それぞれ雰囲気が異なります。子ども部屋ができたことで、2人のお子さんは机に向かう時間が増えたとか。Mさんのお気に入りはおしゃれなテラス。レッドシダーの壁が美しいこのテラスで季節を感じながら煙草を味わったり、家族や友人とバーベキューを楽しんだりと、贅沢な時間を過ごしているそう。こだわり満載の新しい住まいは、家族に生き生きとした毎日をもたらしています。